本堂

不退寺の本堂は

「つつしみ敬う場」という意味で

「恭敬殿」(くぎょうでん)と

呼ばれております。

本堂を「仏さまに出あう場」に譬え

「仏法をつつしみ敬いましょう」

という願いのもと

2006(平成18)年に建立されました。

「恭敬殿」での法要は

どなたでもご自由に

お参りいただけます。

檀家・門徒ではない方も

お気軽にお参りいただけますので

どうぞお参り下さい。

毎朝6:50

繁忙期6:30

「恭敬殿」では

親鸞聖人がお書きになられました

「正信偈」(しょうしんげ)を

1年中休むことなく

お勤めしております。

ご家庭におかれましても

朝のお参りを大切にしましょう。

毎月13日

「法話会・祥月永代経」が

毎月厳修されております。

月に一度は仏さまの教えを味わいに

年に一度は大切な方の祥月永代経に

どうぞお参り下さい。

お斎(昼食)を提供しております。

祥月永代経へお参りの方へは

粗品をお配りしております。

修正会

~1月1日~

仏教徒の初詣である

「しゅしょうえ」という

法要です。

ご本尊である「阿弥陀さま」の

尊前にて新年のごあいさつを

致しましょう。今年もよろしく

お願い申し上げます。

参加者の方にはお屠蘇・

記念品がお配りされます。

終了後には鐘楼堂にて

「新年の鐘」をおつき下さい。

新年会

~1月13日~

その年最初の法話会です。

日常の歩み方を

仏さまの教えを通して

振り返りつつ

これからの歩み方の

参考に致しましょう。

参加者の方にはお弁当・

記念品がお配りされます。

春の永代経法要

~春季日曜日~

お寺の法名軸がお紐解きされ

尊い方々のご遺徳を偲びつつ

仏さまの教えが永代に相続され

続けていくことを願う法要です。

不退寺では年に2回厳修されます。

新規永代経申込者に特別記念品

参加者の方には記念品が

お配りされます。

花まつり

~4月13日~

お釈迦さまのご誕生をお祝い

しつつ、私たち一人ひとりの

もかけがえのない尊い

いのちを生かされていることを

再確認するお祝いの仏事です。

参加者の方と一緒に

お釈迦様の誕生仏に甘茶を注ぎ

お祝いを致します。

報恩講

~6月26・27・28日~

宗祖である親鸞聖人のご命日

(11月28日)をご縁として

お念仏の歩みを確認せて

いただく大切な仏事です。

全真宗寺院で報恩講は

お勤めされております。

参加者の方には記念品が

お配りされます。

お盆法要

~8月13日~

日本人にとって一番おなじみに

仏教行事です。

不退寺にも沢山の方々が

お参りされます。

参加者の方には記念品が

お配りされます。

秋の永代経法要

~秋季日曜日~

お寺の法名軸がお紐解きされ

尊い方々のご遺徳を偲びつつ

仏さまの教えが永代に相続され

続けていくことを願う法要です。

不退寺では年に2回厳修されます。

新規永代経申込者に特別記念品

参加者の方には記念品が

お配りされます。

御正忌

~12月13日~

本山である東本願寺で報恩講が

お勤めされる11月28日の後に

不退寺では親鸞聖人ご命日を

お勤めさせていただいております。

婦人会の報恩講・追弔会法要も

併修されております。

歳末勤行

~12月31日~

ご本尊である「阿弥陀さま」の

尊前にてその年最後のご挨拶を

致しましょう。今年もお世話になり

誠にありがとうございました。

深夜より「除夜の鐘」が

厳修されます。

南無阿弥陀仏

人と生まれたことの意味をたずねていこう

真宗大谷派 聞名山 不退寺